レビトラの成分と特色について

悩みを解決だ!

ED、いわゆる勃起不全障害は、男性にとって大きな悩みのひとつであり、ときとして尊厳さえ損なうものとして知られています。
今はそうした症状にも対応する薬が開発されており、有名なバイアグラもそのひとつです。
そして、そのバイアグラに次いで世界で2番目に開発されたED治療薬こそが、レビトラです。
このレビトラは、痛み止めの開発でも有名な世界的な製薬会社の手により、2003年に発売されました。
翌2004年には日本においても認可され、多くの人の症状改善に役立っています。
その主な成分としては、塩酸バルデナフィル水和物があげられます。
これを服用すると、勃起を妨げる原因を抑制してくれます。
そもそも勃起というのは、海綿体に血が集まることで大きくなり、硬くなります。
それを促すものが、環状グアノシン一リン酸です。
これが性的刺激によって形成されると、海綿体の筋肉を緩ませ、閉じていた血管が開き、血が流れていき勃起にいたるというメカニズムになっているのです。
しかし、勃起を促す成分があるように、勃起を抑制するものもまた存在します。

悩みを解決だ!それがPDE5レビトラは使いやすい