レビトラの成分と特色について

レビトラは使いやすい

悩みを解決だ!それがPDE5レビトラは使いやすい

バイアグラの場合では、必ず空腹時に服用しなければ、十分な効果を引き出すことができません。
一方、レビトラでは、ある一定の基準を満たしているならば、効果を引き出すことができます。
その基準とは、食事でとる総エネルギーの脂質の割合が、30%以内であることが製薬会社より示されています。
具体的には、親子丼はよくても牛丼はオーバーすることが多く、他にもハンバーガーなどのジャンクフードは、脂質の割合を超過する可能性が高いです。
そのため、服用する前には、食べるものの成分表をよく調べ、脂質が何割程度に留まるのかを把握しておきましょう。
それが難しいのならば、やはり空腹時に飲んでおくのが無難です。
レビトラの効果的な服用方法としては、行為の1時間前に飲んでおくのがベストのタイミングです。
持続時間は薬の大きさによって異なりますが、5時間から10時間ほどが目安になります。
そして必ず1日1回より多く服用することは避け、24時間は間を空けるようにしましょう。
加えて、血管拡張作用のある薬ですから、お酒の弱い人がアルコールと同時に服用してしまうと、急激にお酒が回ってしまうこともあります。
そのため、体質や体調によく気を配っておくことが、適切な使用の鍵となります。
レビトラを活用して、夜の時間を有意義に使っていきましょう。